インテリアのイロハ

狭い部屋を広く見せるコツ

オシャレな部屋で暮らしたい

インテリア雑誌に出てくるような、オシャレで広々とした部屋、憧れちゃいますよね。
我が家は狭くてとても無理…と思いがちですが、狭い部屋でも広く見せるコツがあるんです!

インテリアのイロハ

色を統一する!できれば2色までがベター

部屋を広く見せる一番のコツは、壁の色と家具の色を統一すること。
白い壁なら、家具やカーペットは白をチョイスするだけでOKです。
特に床の色を壁と一緒にすると、同化して広く見えるんですよ。
家具の色を2色までにして統一感を出すのも、広く見せるテクニックです。
例えばソファにこげ茶色の物を選んだなら、クッションはポイントカラーになりそうなグリーンを選んでみたり。
広く見せるだけでなく、部屋全体にも一気にオシャレ感が出るんですよ。
ただし淡いトーン、暗いトーンだけでまとめず、メリハリをつけることも大切です。

家具は全てロータイプで揃える!

なるべく床に近い生活をすると、自然と部屋は広く見せることができますよ。
ローテーブルやローベッド、ソファなどはぜひ、高さがないものをチョイス。
高さのある家具は圧迫感を出してしまうので、広く見せる部屋作りにはNGです。

床面積を確保!

家具を置くと床面積は狭くなり、その分、部屋全体も狭く見えてしまうんです。
そこでオススメなのが、壁面収納。
壁にも気軽に取り付けることができるシェルフやラックを使って、本棚やコート掛けを取っ払っちゃいましょう。
床につい物を置くクセがあれば、こちらも直しましょうね。

動線を確保!

部屋の真ん中に広いスペースがあれば、それだけで部屋を広く見せることができちゃうんです。
入口から一番遠い角になるべく家具を置かないようにすると、視界が広くなりますよ。
テーブルやサイドテーブルなど、対角線上に置きがちな家具の位置にも要注意ですね。
また、大きな家具は部屋の角に置かないようにするのも、広く見せるコツ。
家具と部屋の角に少しの空間を空けるだけでOKです!

大きな鏡で、目の錯覚を狙う!

収納家具の扉がミラー張りになっているものを置くと、圧迫感がなくむしろ広く見せることができちゃいます。
また、同じサイズの姿見をリズム良く壁に取り付けたりするのもオススメ。
姿見が一つしかなくても、窓からの景色が映るように置くだけで開放感が出せるんですよ。

間接照明で、雰囲気も広さも演出!

間接照明は、部屋を広く見せるためにも使えるアイテム。
ほんわりした明かりで部屋に奥行きが出せるので、その分広く見えるんです。
素敵でおしゃれな部屋作りにも欠かせないですよね。

カーテンの柄、付ける位置に注意!

大柄のカーテンは窮屈な雰囲気を出してしまうので、小さい柄や無地、ストライプがオススメ。
また、カーテンで壁をたっぷり覆ってしまうほうが、部屋の広さを演出できるんですよ。
窓枠が腰辺りであっても床まで垂らしたり、カーテンレールを天井ギリギリに付けるのが、広さを出す裏ワザです。